私たちは「健康と人づくりを通じて地域社会に貢献する」をビジョンに掲げ“健康快適生活応援企業”を目指します。

ヤクルトのはじまりヤクルトのはじまり

健康への情熱、発想「ひとりでも多くの人の健康を守りたい」

ヤクルトの創始者である代田 稔は、20世紀初頭、栄養状態や衛生環境の悪化から、多くの日本人が感染症で命を落としている時代に、京都帝国大学(現在の京都大学)医学部で研究生活を送りました。代田は、「非病原微生物による病原微生物の抑制」をテーマに研究を進める中で、「乳酸菌を摂取することにより、腸内の有害菌の増殖を抑え、腸の機能を正常な状態にすることが出来るのではないか」と考えました。
1930年(昭和5年)、地道な努力の中でヒトの健康に役立つ乳酸菌の強化培養に世界で初めて成功。
この乳酸菌は、代田の名前をとって「ラクトバチルス カゼイ シロタ株」(乳酸菌 シロタ株)と名付けられました。
代田は「ひとりでも多くの人の健康を守りたい」との想いを実現するため、有志と共に安価で美味しい乳酸菌飲料を商品化します。1935年(昭和10年)「ヤクルト」のお届けが福岡県福岡市で開始されました。

代田 稔 医学博士

代田イズム 代田イズム

代田は、病気にかかってから治療するのではなく、病気にかからないための予防が大切であり(予防医学)、
そのためには栄養素を吸収する場である腸を丈夫にしておくことが大切で、それが健康で長生きにつながると考えました(健腸長寿)。
そして、この乳酸菌を多くの人々の健康に役立てるために、手軽に摂取できる食品という形で、「健腸長寿」の思想の普及に努めました。
代田の考えは「代田イズム」と呼ばれ、時代が変わり、技術が進歩した現在でも
ヤクルトグループの原点として受け継がれています。

  • 予防医学
    病気にかかってから治療する
    のではなく、病気にならない
    ための「予防医学」が
    重要である。
  • 健腸長寿
    栄養を摂る場所は「腸」である。
    その腸を丈夫にすることが
    健康で長生きすることに
    つながる。
  • 誰もが手に
    入れられる価格で
    健康を、手軽な価格で
    一人でも多くの人に
    提供したい。

1929年英国の細菌学者フレミングは、感染症に対する治療医学の有力な手段となったアンチバイオティクス(抗生物質)を発見しました。
同じ頃、日本の医学者代田 稔は、病気にかかってから治療するのではなく、病気にかからないための「予防」が重要であると考え(予防医学)、腸内の感染菌や腐敗菌などの悪い菌を制する乳酸菌シロタ株を発見し、プロバイオティクスのパイオニアとなりました。

予防医学は、1953年米国の医学者レベルとクラークにより「病気を予防し、生命を延長し、身体ならびに精神の健康と能力を増進する科学と技術である」と定義され、健康増進・発病予防は一次予防、早期発見・早期治療は二次予防、機能維持・回復は三次予防と呼ばれています。

21世紀に入ると、感染症に代わって生活習慣病が人類を脅かし始め、生活習慣を改善することにより疾病の発症や進行を予防する一次予防が重要な社会的課題となり、代田が予見し提唱した予防医学の時代が到来しました。

乳酸菌 シロタ株
乳酸菌 シロタ株
ビフィズス菌
ビフィズス菌 BY株

プロバイオティクス(probiotics)は抗生物質(antibiotics)に対比される言葉で、共生を意味するプロバイオシス[probiosis ; pro 共に、~のために、biosis 生きる]を語源としています。英国の微生物学者Fullerによる1989年の定義「腸内フローラのバランスを改善することにより人に有益な作用をもたらす生きた微生物」が広く受け入れられています。また、その微生物を含む食品(乳酸菌飲料やヨーグルト)自身をプロバイオティクスと呼ぶこともあります。

プロバイオティクスの持つ“有益な作用”としては、下痢や便秘を抑える、腸内の良い菌を増やし悪い菌を減らす、腸内環境を改善する、腸内の感染を予防する、免疫力を回復させる、などが挙げられます。つまり、プロバイオティクスを摂ると、おなかの健康を守るとともにからだ本来の力を強める手助けになると考えられています。プロバイオティクスの候補としては、乳酸菌やビフィズス菌が有名です。しかし、科学的にそれらの効果が証明された乳酸菌やビフィズス菌は特定の菌株に限られています。
トクホマーク(特定保健用食品の表示)がついた商品には、厳しい研究を通じて効果が証明された菌株が使われていますので、プロバイオティクスを選ぶ際の目安にすると良いでしょう。

ヤクルトグループ企業理念

私たちは生命科学の追究を基盤として
世界の人々の健康で楽しい生活づくりに貢献します

富山ヤクルト企業ビジョン

健康とひとづくりを通じて
地域社会に貢献する

私たちは「健康とひとづくりを通じて地域社会に貢献する」を
ビジョンに掲げ“健康快適生活応援企業”を目指します。
お客さまに鍛え抜かれた乳酸菌 シロタ株を飲み続けていただくことと
あたたかいふれあいを通じてお客さまの生活に役立ち、
「お客さまの生活になくてはならない企業」として
選ばれるよう成長し続けます。

地域社会に
役立つ

地域社会との連携をとり、
共存共栄できる地域密着型の企業を目指します。

お客さまの満足は
従業者の
喜びとなる

お客さまの満足が従業者の満足に繋がると考えています。
その為にも従業者一人一人がやりがいや、働きがいを得られることが大切だと考えます。

お客さま対応
100%を目指す

お客さまに対して満足していただける対応を、いつでもどこでも、誰もが同じレベルで出来るようにします。

心地よい
コミュニケーション
をとる

お客さまとの約束した日時に、心を込めた定時定販をし、対話を重ねることにより信頼を築きます。

お客さまの
健康管理に
役立つ

従業者自らが健康で、適切なアドバイスができるように健康の知識を学び、お客さまの健康を願い、様々な健康維持に関する提案をし、病気に負けない体づくりに貢献します。